「石鹸作りを通して見えた便利と不便の利点」TAKA-LA合同会社代表 高原久美

こんにちは!

Conncet.代表の渡邊優です。

私は「様々な働き方=生き方を知ることが、視野と思考の枠を広げるきっかけになる」と想い、対談番組を不定期で収録しています。

今回はTAKA-LA合同会社代表の高原久美(たかはらひさみ)さんに「石鹸作りを通して見えた便利と不便の利点」というテーマでお話を伺いました!

久美さんはなんと石鹸愛が溢れすぎてイチ主婦の状態から「こだわりの石鹸を作りたい!!!」と思い、実際に会社まで作って自分オリジナルのこだわりの石鹸を製造販売始めてしまうという超行動力あるお方です!

会社を作って石鹸作りに踏み切るきっかけになったのが、50歳という年齢だったそうです。

もう子育ては卒業し、孫もいる。残りの自分の人生でやり残したことをやるなら今だ!!と思ったそうです。

多くの日本人が年齢を言い訳にやりたいことを諦めてしまうと思います。30代でも諦めている人も見たことがあります。

そんな久美さんからはどうやってイチ主婦が石鹸の製造販売まで実現したのかという話だけでなく勇気も頂ける話を聞くことができました。

とても面白い人生を歩んでいる久美さんのお話、是非聞いてみてください(^^)

長めの動画ですので1.25~2倍速で聞くのもいいかと思います♪

★動画はこちら

※インスタライブで配信した動画となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました